スポンサーリンク

Z-LIGHT LEDデスクライト Z-10N/僕的レビュー

創作エンジョイ

こんにちは、染次朗です。

今回は作業用テーブル・撮影ブース作成に合わせて購入したライトについて。

スポンサーリンク

Z-LIGHT LED デスクライト”Z-10N”

購入したのはこの「Z-LIGHT LED デスクライト”Z-10N”」というもの。

 

リンク先で紹介されているかと思いますが、こちらのライトに決めたのは主に多重影のない光可動域でした。

多重影のない光

こうやって買ったモノの説明するときに、公式サイトとかから写真とか持ってきていいのか知りたいところ。ダメなんだろうなぁ。

ということで、購入したZ-LIGHT “Z-10N”で照らしながら撮影した鉛筆の写真です。

Z-LIGHT "Z-10N"

多重影はたしかに少ない

LEDライトではあるけど、できる限りやわらかい光にしたとのこと。指向性を分散させたということだろうか??デフューザー付きデスクライト、という感じだろうか。

とりあえず作業していて満遍なく光が届いている感じがしていて、作業しやすい。

可動域の広さ

ちょっと見づらい写真ですが。

Z-LIGHT "Z-10N"

左上、つまり結構高いところに固定して、そこよりも低いところへ動かして照らすことができます。

普通のライトは、こんな感じ(↓)で設置することがほとんどだと思うと、その可動域の広さがわかるでしょうか。

Z-LIGHT "Z-10N"

根本はクランプ?マウント?に差し込んでいるだけなので、角度などはさらに細かい調整が可能です。

スポンサーリンク

買ってみての感想

とりあえず設置して最初に感じるのは「スタイリッシュ」ということ。

あとは、他の機器でありがちだった「気が付いたら頭を垂れている」という状況には今のところなっていません。作りがしっかりしているからなのか。末端部分が軽いからなのか。何度も動かして使用していますが、そういった点で不満はなにもありません。

またそこそこ細かい範囲で明るさの調節ができるので、好きな明るさにし易いのもポイント。

可動域の広さ,満遍ない光の柔らかさなど、僕のように大きな机(幅140cm、奥行き80㎝)を作った人には特にオススメできると思います。


購入した目的としては、最初のとおり、可動域の広さと満遍ないやわらかい光でした。可動域が広ければ上述のように大きな机でも使え、また違う方向に向けてやれば他の用途、僕の場合だと撮影ブースの天面ライトとしても使えます。もちろん光は申し分ないやわらかさ。

机が大きかったり、デスク作業が多い人、撮影の機会がある人などは迷わずポチればいいと思った次第です。

タイトルとURLをコピーしました