スポンサーリンク

Fitbit Inspire HRを半年間使い続けたのでレビュー

fitbit inspire hr健康ガジェット
fitbit inspire hr

以前購入したウェアラブルデバイス『Fitbit Inspire HR』。
利用開始から半年以上が経過したので改めてレビューしてみます。

スポンサーリンク

Fitbit Inspire HRのメリット

睡眠の深さを細かく把握できる

Fitbit 睡眠ステージ

4段階の詳細な記録が残っているのがわかる

やはり一番のメリットはこれ。睡眠に対する詳細な分析ですね。

睡眠が深い・浅いだけではなく、レム睡眠かどうかまで判定してくれます。
この機能では他のウェアラブルデバイスから一歩抜きんでた分析をしてくれますね。
睡眠分析については大満足。

僕の場合は「睡眠の質が悪いのかなぁ」と考えていたところ、睡眠スコアの傾向を見るとそもそも睡眠時間が足りてなかったことに気が付くことができました。

寝起きが悪かったり、睡眠が足りてないのか質が悪いのか判断付かないという方にはぜひともおススメしたいところです!

防水機能アリ:汗で壊れない

運動するときも付けることを踏まえると、防水機能は必須ですね。

汗だくになっても故障の心配はありません。またそのままシャワーも浴びることもできます。
むしろウェアラブルデバイスで防水性のないものは選択肢にない、くらいです。

僕は風呂に入るときに外して、全体を丸洗いしてます。

バッテリー長持ち

週に1回かそれ以下という頻度でしか充電していません。

15%になると振動して知らせてくれるのですが、その状態でも2日ほどは持ちます。ということでバッテリーについてはそんなに神経質にならなくて済みますね。

装着の違和感は1週間付けていれば無くなる

Fitbitのようなウェアラブルデバイスは初めてで、付けた当初は「うわ、めっちゃ違和感あるやん」という感想でした。しかしそれも3日程度で消え失せ、1週間が経過するころには装着していても「あれ、付けてたかな?」と確認するほどです。

様々なサービスとの連携

fitbitは、fitbitアプリ以外との連携も多々あります。

僕がメインで使っている体重計は『Multifun』という体重計です。この体重計はスマホへデータ送信してくれる優れもので、M-Fitnessというアプリで管理できます。

そしてM-Fitnessというアプリはfitbitとも連携しているので、fitbitの画面で体重、体脂肪率、BMIなどを一元管理できます。(体水分率や骨量、内臓脂肪レベル、BMR、筋肉含有量も測定できますが、fitbitアプリでは管理できません。)

他にも様々なアプリと連係がとれるのでデータをまとめやすいですね。

歩数計

常に携帯(装着)しているため、逃すことなく歩数を計測してくれています。

スマホの歩数計機能では『会社で常に携帯してるわけじゃないから不正確だよ!』と思っていたので、割と正確な値を示してくれてるように感じます。

スポンサーリンク

Fitbit Inspire HRのデメリット

バンドが少し伸びた

そんなに気にすることじゃないかもですが。
バンド部分がシリコン製なので、少し伸びました。1つ穴をキツくするかどうか迷う程度。

半年でこのくらいなので、想定されているよりもかなり腕が細い人だと、穴を自分で開ける必要があるかも?かなりの細腕の場合ですが。ほとんどの人はたぶん大丈夫。

腕時計としては使いづらい

腕時計を見る角度に腕を動かすと液晶画面が点灯するんですが、あまり正確ではないです。

何度腕を振っても液晶画面が点灯しなくて、結局スイッチボタンを押して点灯させる、ということが頻発しています。
傍から見ると『あいつ何回時間見てるんだ?』となっているかもしれません。

おかげさまで現在は「右手にFitbit、左手に腕時計」という装備にしております。

心拍計測が使いづらい

心拍数も常時測ってくれているのですが、心拍については他の機器やサービス(STRAVAやGARMIN)と連携してくれないのが残念です。

スポーツしてると最大心拍の何%というのが気になってくるので、そのあたりを表示しやすくしてくれたらなぁと。

常時計測してくれるのは良いのですが、先に述べた通りfitbitが見える位置に腕を移動させても表示されずボタン押して確認しないとなので、例えば自転車乗りながら見たりできません。またサイコンにデータ飛ばしたりもできない。

あとでパソコンやアプリで確認することはできますが、「そのとき」に確認するのにはちょっと向いてないのが惜しいところです。

スポンサーリンク

まとめ:睡眠改善専用機としては秀逸

やはり睡眠時間や質が判るというのは良いものです。現在市場に出回っているウェアラブルデバイスの中で、睡眠については1歩抜きんでる感じです。
なので睡眠についての記録を重視してる方には、全力でオススメできますね!

ただ元々睡眠に関するデータを主に重視して選んだのでその点では正解なのですが、運動をするようになってくると必要なデータ連携や表示が気になってくるようになってきました。

そうなると他のウェアラブルデバイスも気になってきますね。今気になっているのはGarmin製のコレです。

お値段はしますが、心拍数も計測でき、水中も問題なし、ant+で自転車用のサイクルコンピュータとも連携とれそうなので欲しいところですね!
お金貯めて買いたいところです(^∀^)

タイトルとURLをコピーしました