スポンサーリンク

【ブロガーへの転職?】退職して、育児して、ブログ飯を目指す

染次朗お金プラス
スポンサーリンク

人生初、退職しました

どもども、染次郎です。
ついにというか、とうとうというか、退職いたしました!

先日「【宣言!】3年半後には副業で本業収入を超えるぞ!チャレンジ」という記事を書きましたが、本業がなくなってしまいましたね(笑)。かつての本業と同程度までの収入を得るのがチャレンジ目標になりそうです。

病気(双極症)による2度の休職を経て、考えに考えた結果の退職。
今回はその「なぜ退職に至ったか」についてと、今後の生活についての考えを記事にしてみます。

本記事の内容

  • 人生初、退職しました
  • 退職理由
  • 退職への不安
  • ブログ飯や在宅ワークを考える
  • 結論:退職は怖いけど、ワクワクもしている
スポンサーリンク

退職理由

主な理由は『病気がツラいから』

退職した理由で一番の割合を占めているのが「病気」ですね。
僕は双極症という、調子が半強制的にアップダウンする病にかかっておりまして。
調子が良いときは24時間働けますモードになるのですが、調子が悪いときは布団から出るのすら難しくなります。

そんな病にかかってから2度の休職をしました。それぞれ1年近く休んでいるので、合計で2年近くは休ませていただきました。優しい会社です。

しかし復職してからも、仕事で本調子は出ず、また病気という爆弾を抱えながら社会生活を送ることに大きな不安を抱くように。

恐らく病気で本調子が出ない、ということも評価に直結して、これから先の給料も上がりづらいだろう……そんなことも脳裏を過りました。

隠れた理由は「将来に不安を感じたから」

仕事は「プラントエンジニア」に近い職種でした。
工場建てたり、実験室作ったり改造したり……。

基本的に平日にプラン練ったり発注したりして、現場が休んでいる長期休暇に工事仕事するんですよね。
昨今のワークライフバランスの普及でマシになったとはいえ、長期休暇の予定が立てられないのはつらいものがあります。

また巷では、上司の姿が将来の自分、とよく言われます。

  • ボス:ワーカホリック(仕事中毒)
  • 次ボス候補:人格破綻者
  • 気を許せる同僚:皆無

将来の自分がこんなか……正直ふざけんなって思っちゃう将来像だという思いと、こんな組織の中であと数十年か、と思ったところでメンタルが大ダメージを受けるわけです。

結果⇒病気が追い打ちとなって退職した

そんな漠然とした「将来への不安」があるところへ「病気のツラさ」が重なったら、もう駄目になっちゃうわけですね、ハイ。

でもどうしても退職へ舵を切りづらかった理由がいくつもあるのも事実です。

スポンサーリンク

退職への不安

退職をすると、家庭内で僕の分担していた「収入を得る」ことを誰かが代わらないといけません。

そこで妻の分担していた「主婦業」と入れ替わることにしました。

妻への迷惑

我が家には病弱な妻がひとりと、双子の子供がいます。

一家の大黒柱としてしっかりとしなきゃ!というその一心で踏ん張ってきましたが、その踏ん張りも心労のひとつとなってしまったようです。

ある日妻に言われました。
『毎日しんどそうにしてる染次郎を見てる方がツラい』

このとき、あぁ根本的に問題を解決しないと悪循環するだけだな、と感じました。

 

妻

子供産んで体質変わったのか、体調が良くなってきた。働きに出る。
(主婦業苦手だし)

この提案のおかげで、退職を決意しました。
続けるより辞める方が、お互いのためだと。

ということで、僕は退職することにしたのです。

退職後の進路

退職後の進路はいくつか選択肢があります。

転職については、双極症でも適した職が見つかるとは思います。
≫【働き方改革】双極性障害に適した仕事への部署変更・転職を考える
この記事のなかでも挙げていますが、ブロガーというのは双極症には適した職だといえますね。

ちょうど子供らの幼稚園送迎などの関係もあり、二人揃ってフルタイムワーカーをしづらかったため、僕が主夫兼ブロガーとして動くことに決めました。

スポンサーリンク

ブログ飯

ブロガーとしての収入

とはいえ、ブロガーとしてお金が簡単に稼げるわけではありません。現在発生している収入は雀の涙、いやミミズの涙くらいなもんです。

しかしながらこれだけ「お金になるか微妙なこと」に全力を注ぐ期間を設けさせてもらう機会はなかなかありません。当たれば万歳、程度に考えて……いや絶対に当ててやるぞという気持ちで、世のためになるブログ更新を頑張っていく所存です。

ブログ飯

ブログ飯をご存じでしょうか?

要は「ブログ収入で生計を立てる(ご飯を食べていけるようになる)」ということです。
出勤して仕事をするのが少し困難になった僕とって、ブログ飯に挑戦することは良い機会だと思えてきました。

ブログ飯についてはそのうち詳細を語りたいところです。

さて、主夫業はこなさないといけないとしても、ちょっとの合間に少しずつ執筆を進めていけるブログは(時間の使い方として)非常に適しているといえるでしょう。

サラリーマン時代から当ブログ「チャレンジラボラトリ」は更新を続けていますが、よりブログに注力するためには良い環境になりました。

超えるべき壁が多数ある

ブログ飯をするためには、当ブログは根本的にPV(ページビュー)が足りません。
基本的に「雑記ブログ」というジャンルに分類される「何でもありなブログ」なので、人が集まりづらいというのもあります。(逆に「何かに特化したブログ」を特化ブログと呼びます)

PVを増やすためには、SEOやらなにやらやらないといけないことが多々ありますが、ひとまずは仕事だと思って良質な記事を量産することに努める所存です。

在宅ワーク

他にも在宅ワークという働き方もあります。家で仕事を受注するわけですね。
だけど、せっかくいただいたブログ飯へ真剣に取り組むチャンス。
ブログの鬼更新を行って『インターネット上の資産』を構築する方向を目指したいと思います。たぶん。
スポンサーリンク

結論:退職は怖いけど、ワクワクもしている

退職が脳裏を過ってるときのストレスは半端ないんですけど、一度「あ、退職するわ」って決めちゃうと楽になるんですねぇ。知らんかった。

そして開けた、いままでだと見られなかったいくつもの道。平原。
どこをいくも自由。

まぁ野垂れ死ぬ可能性もあるんだけどね。(ブログ飯計画の失敗)

でもなんだかワクワクしてきちゃったんですよ。退職決めてから。

オススメはしないけど、選択肢の一つにいかがですか?退職。

タイトルとURLをコピーしました