スポンサーリンク

Fitbitシリーズまとめ

fit bit inspire健康ガジェット
fit bit inspire

2019年末にウェアラブルデバイス購入した際、Fitbitシリーズについて調べたのでまとめました。

健康管理にFitbit Inspire HRを選んだ5つの理由

スマートトラッカーという種類と、スマートウォッチという種類があります。

スポンサーリンク

Fitbitシリーズ紹介

スマートトラッカー

下へスクロールするにつれて、機能が追加された機種になります。

基本機能(歩数・距離・消費カロリー・アクティビティ・睡眠の記録/スマホに対応/着信やテキスト通知機能・サイレントアラーム・運動リマインダー)

Fitbit Alta

Fitbitシリーズの中でも、最も基本的な性能を有する機種

とはいうものの結構いろんな機能が入っているので、上位機種を買う必要がなかったり、ひとまずお試ししてみたければこの機種でかまわないのかも?

個人的には、もう少し予算を増やして別機種を選んだ方が良い気もする。

基本機能 + 水深50m耐水性能

Fitbit Flex 2

Fitbit Altaのモニターが付いていなくて水深50m耐水性能が付いている機種、だと思う。

下記のFitbit Alta HRは防滴なので注意。

基本機能 + 心拍計/睡眠ステージ

Fitbit Alta HR

この機種から、心拍計や睡眠ステージの機能が付いてくる。

HRはHeart Rate:心拍数の意。

基本機能 + 心拍計/睡眠ステージ/GPS連携/天気やアプリ/推進50m耐水性能

Fitbit Charge3

Fitbit Inspire HR

スマートトラッカーの範疇だと、一番高機能な機種。

Charge3とInspire HRの違いはほとんどない。

たぶん見た目の違い(Inspire HRの方が細い)と、噂(Amazon Q&A)によると階段認識機能やクイック返信機能、FitbitPay機能というものがないらしい。

スマートウォッチ

基本機能 + 心拍計/睡眠ステージ/GPS連携/天気や数多くのアプリ/推進50m耐水性能

Versa Lite

Versa
※公式サイトによるとVersa2が9月15日から発売されるようです。AmazonAlexaと連携できるらしい。

Versaというか、スマートウォッチはスマートトラッカーと比べてアプリ数が増えたらしいです。オンスクリーントレーニング(エクササイズ時のコーチング動画を表示できる)や音楽とか。

Versa Liteは、そういった機能を削ぎ落としたものです。

個人的にはVersa2がちょっと気になりますが、そもそもうちにはAlexaいませんでした(笑)。

基本機能 + 心拍計/睡眠ステージ/GPS内蔵/天気や数多くのアプリ/推進50m耐水性能

Ionic

Fitbit最上位機種のIonic。

他機種はGPSも”スマホと連携”ですが、この機種はとうとう”GPS内蔵”になりました。

マラソンとかでスマホ持ちながらの運動はイヤだ、という人なんかが対象でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました