スポンサーリンク

【締まる身体】30日間プランクチャレンジをほぼ毎日やってみた

体幹トレーニングとしても、メンタルトレーニングとしても効き目があるという30日間プランクチャレンジに挑戦してみることにしました!

静かに行える筋トレなので、木造アパートなどでも簡単に行えます。
自粛期間中やテレワークでなかなか家を出られない場合の運動不足解消にも持ってこいですよ!

スポンサーリンク

30日間プランクチャレンジ

「30日間プランクチャレンジ」とはシンプルな体幹トレーニングを積み上げていくチャレンジ

30日間プランクチャレンジは2015年ごろにアメリカで流行したそうです。

その内容は「プランク」という体幹トレーニングをやってみようという内容です。
この「プランク」というのは身体をまっすぐ板状(= Plank)にして腹筋を鍛えるというもの。

近頃では同じく腹筋を鍛える「クランチ」よりも腰を痛めづらく体幹を鍛える効果も高いということで注目されています。

プランクとクランチの比較

このプランク、とても簡単そうに見えます。

今回やろうとしている「30日間プランクチャレンジ」では、初日はまず20秒間維持するところから始めます。
そして日数の経過とともに秒数を増やし、30日後には300秒間のプランクが達成できるよう目指すというものです。

ちょっと試してみた

まずはちょっとお試し、と思い30秒間やってみたところで身体中がガクガクブルブル!((((;゚Д゚))))

嘘やんと思う人は、ちゃんとしたフォームを意識してぜひ30秒間だけでもやってみてください。
どうです?なかなかにツラくないですか??((((;゚Д゚))))

え?これ本当に30日後には300秒も維持できるようになるの??と違う意味でガクガクブルブルし始めました……。((((;゚Д゚))))

30日間プランクチャレンジ、やってみた

年度初めの4月1日、プランクチャレンジを開始しました。
プランクをする時間の目安は以下の通りです。

プランクチャレンジ時間計画表

最終的に300秒(5分)に到達できれば良いので、途中で多少達成できなかったり、膝着いちゃったりしても問題ないです。あくまで計画表。あくまで目安。

ここからはプランクチャレンジの経過と共に感想を。

プランクチャレンジ初日

ツイートにもありますが、双極性障害がうつ期に入った頃だったようです。
よくチャレンジを開始できたな……(笑)

また同時に30日間ブルガリアンスクワットチャレンジも始めています。
そしてこれらはダイエット2ndシーズンの始まりでもあるのです。

30日間チャレンジ:ブルガリアンスクワットをほぼ毎日やってみた
【目指せ】ダイエットチャレンジまとめ【BMI 22】

新年度だからっていろいろ始めまくり(笑)
ボロボロの状態でも何かを始めることはできるし、始めることで心身共に持ち直すことができるのかもしれません。

プランクチャレンジ途中経過

時間を長くしたときはかなりツラく感じます。
特に後半では30秒ずつ増えていくようになり、ツラさが半端ない。

でも不思議なことに3日程継続しているとその秒数は割となんとかなる(楽になるとは言わない)ようになるんですね。

また当初はプランクするとき、何も下に敷いていませんでした。
途中で腹筋よりも肩や腕、肘が痛くなってきたのでヨガマットを敷いてみたところ、劇的に改善されました。
プランクチャレンジにはヨガマット必須です。

プランクチャレンジ終了後

体重変化:あまり気にしない方が吉?

30日間プランクチャレンジの体重変化

30日間の体重変化です。

測定値の傾向としては減少気味であるものの「驚くほどの減量効果!」というものはありませんでした。
同時にブルガリアンスクワットチャレンジもしていますが、その効果もあってこれです。

体幹の筋肉トレーニングはエネルギー消費が少ないということなので、この結果には納得です。
プランクチャレンジは、後述する精神面の成長や、体幹を鍛えることによって他の筋肉トレーニングの基礎をつくるためだ捉えるのが正解だと思います。

個人的には「30日間プランクチャレンジで〇〇kg減量!」みたいなブログやサイトさんが一気に胡散臭く感じてきました(笑)。

外見:少し締まった感じになった!

プランクチャレンジは体幹トレーニングなので、見た目に劇的な変化はないと思っています。
とはいうものの、一応チャレンジ前後の写真を比較してみましょう。

プランクチャレンジ比較

変化ないと思ったら、意外とありますね……。
特に胃の回り?が引き締まった感じがします。

引き締め効果はアリ、と思って良いかもしれません。

精神面:達成すれば成長を実感できるハズ!

プランクチャレンジは体幹トレーニングですが、その他にも精神面を鍛える効果もあります。

「あと〇秒……あと〇秒……」と毎日堪え続けることで当初は不可能だと思っていた領域に到達することができるのです。

この「〇秒」がとても小さいので、小さな目標をクリアし続けることで「最初は想像もつかなかった大きな目標をクリアできる」という実体験を30日間ですることが可能なのです。

また、前回目標との差が小さすぎて「できないハズがない!」と思えるところがミソ。
三日坊主にもなりずらいですねぇ。

毎日の「習慣」を作るというのは、筋トレにおいても、ダイエットにおいても、そして生活を向上させるためにも大切なものです。
このプランクチャレンジを通してそういった習慣性を鍛えることができることも大切でしょう。

スポンサーリンク

まとめ:筋トレ始めるならプランクチャレンジから!

このプランクチャレンジ、「これから筋トレを始めてみよう!」という人が始めるべきベストな筋トレ第1位かもしれないです。

前述の通り、

  • 筋トレを習慣化することができる
  • 苦しみを耐える精神力を徐々に付けることができる
  • 他の筋トレにも必要な体幹の筋肉を増やすことができる。

これらの要素をクリアすることができれば、ゼロの状態から筋トレを始めるよりも確実に長く、確実に挫折しにくくなっているはずです。

あぁ……筋トレ始めるならまずはプランクだぜ……!

ということでプランクチャレンジ、オススメですよ。

タイトルとURLをコピーしました